自然葬が増えている背景

今、人生の最期に自然葬を選ぶ人が増えてきました。

今では、大好きな自然に還りたいという故人の遺志は、主に海に散骨する海洋葬という方法で、執り行われてきました。

しかし、この方法だと、やはりお参りしたいと言う場合、散骨した場所の近くまで、毎回船で向かわなければなりません。


そんなこともあり、自然葬の中でも、墓石の代わりに樹を植えて、その麓に散骨する樹木葬が支持を得て、全国に広まりつつあります。最初に提案したのは、岩手県にあるお寺の住職で、荒れ果てた山林を再生する一環として始まりました。



その樹木葬ですが、樹を植えますので、特定の場所にお参りすることができます。

また、墓地や墓石の購入費用よりも安く済むというメリットもあります。また、遺族が支払うお金で樹木が管理されるので、里山の再生にも役立っています。

朝日新聞デジタルならお任せください。

これらの自然葬が増える背景には、墓を守る後継者不足の問題があります。


一人っ子同士の結婚も今では普通になりました。


お墓参りをしたくても、遠方でなかなか行けなかったり、日々の掃除など、維持管理をしていくことも大変です。



代々続くお墓を守ることが、残された家族には負担になってしまう現実があります。

そうした中で、墓守が必要なく、日々の管理も任せられる樹木葬が増えるのです。どんな最期を望むかは人それぞれです。
多様化する現代においで、人生の最後も様々な方法があって良いのだと思います。


あなたなら家族に何を残しますか。