自然葬の人気について

近年人気が高まっているお墓の形態が自然葬です。

自然葬とは、墓石を建てた先祖代々のお墓ではなく、自然の中に還るという思想の元、自然の循環の中に回帰する方法です。
生き物のもととなる自然に還るということは、地球の循環の中で自然な事であり、エコを考えることとしてその思いを実現する人間の回帰法です。


自然葬の種類は様々あり、海や山に粉塵した遺骨を撒く散骨、木々や草花を墓標とした土に遺骨を埋葬する樹木葬などがあります。

日本で古代から行われてきた葬法であり、環境への配慮が感じられるものとして現代の風潮に合っているのです。少子化や核家族化によって、お墓の継承問題が多くあること、そしてお墓の維持管理にかかる費用の負担、子や孫のお墓の管理の負担、家系のつながりの希薄化など現代のお墓に関する様々な問題を解決できる方法として自然葬が人気になっているということもあります。



自分が安心して穏やかに永遠の眠りをつくことを考えた時に、子孫の手を煩わせず、自然の中で静かに眠りたいという希望を持つ方が増えていることもその一因です。

goo ニュースの最新情報を掲載しています。

そして、友人やペットなど従来のお墓では一緒に入ることが出来ない相手とも一緒に眠ることが出来るというような新しい考えもそこには含まれています。


自分の死後を自分の思いで決めることが出来るようになった現代にとても合っている葬法と言えるのです。



そして、そのニーズに合わせ、それを可能にする場を設けた寺院や霊園、そして散骨を執り行う会社も増えてきている現状があります。