自然葬の種類と現状について

最近は新しい埋葬のスタイルとして自然葬を選択する人が増えています。



自然志向の高まりやお墓の後継者問題などが背景にありますが、宗教色の薄くなった現代ならではの動向と言えるでしょう。


自然葬といってもさまざまですが、イメージとしては散骨を浮かべる人が多いかもしれません。

ただ日本ではまだまだ散骨は普及しているとはいえません。

さらに身近になった毎日新聞について説明致します。

国土の狭い日本では陸上で散骨できる場所が限られているからです。



ですから居住地の周辺で散骨を希望するのは難しい場合が多いでしょう。一方、陸上での散骨ではなく海上で散骨するというサービスを利用する人も増えています。

海の上は陸上とは異なり制約が少ないので、比較的簡単に散骨をすることができるのです。一般的には専門業者に依頼して船をチャーターしておこないますが、他の遺族と同時に散骨をすればチャーター料金が安くなるなど、金銭的な負担を減らすことも可能です。
もっとも散骨は遺骨を完全に遺族から引き離すことになりますので、残された家族の中には反対する人もいます。


そこで自然に還りたいという本人の願いと、いつでも会える状態にしたいという遺族の願いの双方を叶える手段として注目されているのが樹木葬です。
樹木葬は墓石ではなく代わりに樹木を植える埋葬方法で、近年になって人気を集めるようになりました。寺院や霊園によってスタイルは異なりますが、地中に遺骨を埋めるのであれば基本的には自然葬に該当します。
取り扱いを始めている寺院なども増えていますので、興味のある人はインターネットなどを使って探してみるといいでしょう。