樹木葬という選択肢があります

自分の人生の終わり方を自ら考える風潮が高まっています。


終活という言葉も広く認知されるようになりました。



少子化、高齢化の影響で、子供に迷惑をかけずに自分の身のしまい方を考える人が増えています。
かつては死んだらお墓に入るのが普通でしたが、近年お墓を管理する人材が不足していることが問題になっており、墓じまいしたり永代供養墓を利用して供養を寺院に永遠にお任せする方も多く、お墓ではなく樹木を墓標とした樹木葬に入ることを希望する方も増えています。
樹木葬は、墓地埋葬法という法律に則って墓地や霊園に遺骨を埋葬する方法で、樹木を墓標とすることから樹木葬と呼ばれます。
個別に埋葬する場合と合祀になる場合があります。


管理は墓地や霊園に委託できるため、子供に負担をかけないで済むメリットがあります。

年間管理費が発生するところもありますが、不要なケースもあります。

日本経済新聞情報を見つけましょう。

お墓を作って埋葬する場合に比べ、使用料も大変格安で、地域差はありますが相場は30〜70万円ほどです。

これと並んで散骨という方法も人気がありますが、これは遺骨を粉骨にして山や海などの決められた場所に撒く方法です。粉骨せずに撒くと遺骨遺棄罪に問われるため、きちんと専門家に相談して実行するようにしてください。



生きている間に自分の希望する環境の良い霊園を選ぶことが出来、その後の供養についても煩わしいことは無いため、お墓の将来について心配がある方にとっては、選択肢の一つと考えることが出来るでしょう。